お風呂に関する節約グッズ

お風呂でも節約する

お風呂が好きという女性の方は多いですが、お風呂代も実は節約する事ができるポイントです。
お風呂は特に長く入るという方も多いため、少し気を付けながら入るだけでも意外と差が付きやすいです。
節約のポイントは私も研究していて、お風呂に入る際にはバスタイムを楽しみながらも少し気をつけながら入っています。
節約したい方はぜひ参考にしてみるのもお勧めなので、取り入れてみてくださいね。

 

エコキュートは導入すると後々お得

パナソニックから出ているエコキュートは最初は導入の費用がかかりますが、長い目で見るとお得になりやすい商品です。
お風呂のお湯を沸かす際のガス代のコストがお風呂に必要な費用の大半を占めていますが、エコキュートは効率的にお湯を沸かせるような仕組みになっているため、通常のお湯の湧かし方よりも節約になります。
また、残り湯の熱を次の夜間の湧き上げに生かす仕組みもあり、これもガス代節約に一役買っています。
賢くガス代を節約できる機能で、最初は費用はもちろんかかるのですが、その後はどんどんお得になります。
長い目で見れる方にはお勧めです。
(参考:エコキュート)

 

シャワーヘッドで無駄なお湯を使わない

より簡単に導入できるものとしてはシャワーヘッドがお勧めです。
シャワーヘッドはバブルが出るものなど色々な種類がありますが、お湯の出る量を調節できるものなどがあります。
こうしたシャワーヘッドを使えばお湯の節約に繋がります。
こちらもシャワーヘッド分の費用はかかりますが、比較的安価に導入できるので、元を取れるのも早くなりやすくなります。
また、シャワーヘッドにはその他のよりバスタイムを楽しくリラックスして使える機能が付いているものも多いので、節約以外の面でもお勧めです。
(参考:シャワーヘッドの選び方)

 

お湯の温度を下げて、出す時間を短くする

また、基本ですが、お湯は温度を高く設定するほどガス代がかかりやすくなりますし、出している時間が長いほど水道代もかかります。
そのためなるべくこまめに使う量を適温で出すのがポイントになります。
つい何気なくシャワーを出しっぱなしにしてしまう事がありますが、これは無駄使いの典型的なパターンです。
意識するだけでも出しっぱなしにしていると気になって止めるようになるので、少し考えを切り替えてみると良いでしょう。
設定温度はもちろん寒くなるくらいまで下げる必要はありませんが、なるべく寒くない範囲で温度を調節してみるのもお勧めです。

このように節約のポイントはお風呂にも多くあります。
気をつける事で大きく無駄を省けるので、ぜひ意識してみる事をお勧めします。
バスタイムをしっかりと楽しみながら、節約にも気を使ってみてくださいね。

Posted in 節約グッズ | お風呂に関する節約グッズ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.